いくらになるの?不要になった婚約指輪を売りに行った話

URLをコピーする
URLをコピーしました!

今日は婚約指輪を売りに行った話をします

婚約指輪の買取を検討している人は、ぜひ最後までお読みください。

目次

婚約指輪を売る理由

婚約指輪を売る理由

婚約指輪を売る理由は様々です。

売る理由で多いのが

  1. 離婚をしたから
  2. 結婚生活でお金が必要になったから
  3. サイズやデザインが合わなくなったから

だそうです。

私の場合は、お分かりの通り、離婚をしたので売りに行きました。

そもそも婚約指輪は嬉しくなかった

そもそも婚約指輪は嬉しくなかった

私はアクセサリーはつけないので、婚約前から「指輪いらない」と常々言っていました。

しかし、元夫はイベントが大好き。

プロポーズ当日は張り切っていました。

今日プロポーズされるんだろうなぁ…となんとなく、いや、はっきりと伝わってきました。

私は「指輪が用意されていたら嫌だなぁ」と内心思っていました。

もらってもつける機会はないだろうし、

なによりそんなものを買う余裕があるなら、生活費や将来のためにお金を回したかったからです。

指輪を出しながらプロポーズをされた時は、嬉しさより「この先の生活(金銭面が)大丈夫かな…」と不安になりました。

もらった婚約指輪

もらった婚約指輪

婚約指輪は約18万円のダイヤの指輪でした。

なぜ値段を知ってるのかというと、領収書がリビングのテーブルに置いてあったからです。

元夫は詰めが甘い…

私は普段からアクセサリーをしない人なので、ダイヤの価値はよくわかりませんでした。

婚約指輪の状態

婚約指輪の状態

婚約指輪はプロポーズされた時につけただけで、ずっとケースに入ったままでした。

離婚後、荷物を整理していたら婚約指輪が出てきました。

そこに鑑定書も一緒に保管されていました。

鑑定書を見ると

カットの状態excellent
クラリティVS-2
カラーの等級I
カラット0.235

というようなことが書かれていました。

これは「これは売れるのでは?」と思い、近所の買取店へ行くことを決意しました。

ダイヤの価値はわからないけど、excellentと書いてあるし、少しは生活費の足しになるだろうと期待しました。

いざ鑑定

いざ鑑定

近所の買取店へ行くと、私より若そうなお姉さんが担当してくれました。

鑑定は無料でできるとのことだったので、指輪と鑑定書を出し、お姉さんがルーペのようなもので指輪を見てくれました。

何をしてるかわからないけど、光り方?やカットの仕方?を見てるのでしょうか。

鑑定の結果は…

ダイヤの部分だけで、400円くらいですね

…え?

聞き間違いだろうか。

400円ですか?(苦笑い)

と聞き直すと

はい

とお姉さんも苦笑いで返答。

台座をつけると値段変わりますか?

と聞くと

そんなに上がりませんね

とのこと。

鑑定した場所が悪いのか、指輪を買ったお店が悪いのか。

約18万の指輪が400円…

生活費の足しにでもなれば…と期待してた分ショックが大きかったです。

最終的にどうしたのか

最終的にどうしたのか

結局、売らずに帰ってきました。

気が向いたら他のところでも鑑定してもらおうかなぁ…と考えています。

…が、金額はそんなに変わらないと思われます^^;

なので、もう売ることはせずに、おめかしをする機会でもあれば、惜しげなくつけてやろうかと思いました。

ダイヤが取れようが、傷がつこうが気になりませんからね。

だって400円ですから!

今回の学び
  1. 期待はしないほうがいい
  2. 宝石店は儲かるな〜と思った
  3. 指輪より家電のほうが嬉しい

最後までお読みいただきありがとうございました。

0

最後までご覧いただきありがとうございます!
「いいねボタン」を押していただけると励みになります。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる