SWELLをすすめる3つの理由!ブログ初心者こそおすすめなテーマ【レビュー】

URLをコピーする
URLをコピーしました!

ワードプレスの有料テーマ『SWELL』を購入してから、約1ヶ月が経ちました。

価格が高めなので、購入前は移行をためらっていました…が、実際にSWELLを利用して、元がとれる価格だということがわかりました。

ワードプレスのテーマ選びに迷っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

この記事はこんな人におすすめ
  • ワードプレスの有料テーマを迷っている
  • SWELLを購入するか迷っている

\ おしゃれなブログが簡単にできる /

目次

「SWELLを購入して良かった」と思える3つの理由

cocoon→JIN→JIN(CARAT)→SWELLとブログテーマを変えてきました。そんなわたしが、SWELLを購入して良かったと思えたのは

  1. 記事を書くのが楽しくなる
  2. デザインがシンプルで洗練されている
  3. ユーザー想いのブログテーマ

という3つの理由があります。

それぞれ詳しく説明します

\ テーマ選びに迷ったらSWELL /

①記事を書くのが楽しくなる

SWELLのいちばんの魅力は、記事の書きやすさです。ブロックエディター「Gutenberg」に対応しているので、記事作成が捗ります。

ブロックエディターGutenbergに完全対応

SWELLの前はJINを使用していましたが、Gutenbergに対応しきれていないため、使いづらさを感じる部分もありました。

装飾をしたくても、クラシックエディターに切り替えて…と時間も手間もかかりました。

SWELLには、その煩わしさがありません。

画像出典:SWELL公式サイト

SWELL独自のカスタムブロックで、見栄えの良い記事ができあがります。

内部リンクが簡単

SWELLを導入し、便利だなぁと感じたのは「内部リンク」です。

キーワードから記事を選ぶことができるため、とても簡単です。わざわざIDやURL調べなくていいので、時間の短縮になります。

実際のブログカードはこんな感じ

プラグインが減らせる

標準で便利な機能が備わっているので、プラグインを減らすことができます。

  • キャッシュ系プラグイン
  • 目次生成プラグイン
  • 画像遅延読み込みプラグイン
  • ふきだしプラグイン
  • ブログカードプラグイン
  • 人気記事リスト作成プラグイン
  • クラシックエディター

SWELLを導入後、使わないプラグインを削除しました。

プラグインのページがすっきり

SWELLで非推奨・不必要なプラグインと、推奨プラグインについて

②デザインがシンプルで洗練されている

SWELLはデザインがとにかくおしゃれ。

プログラミングの知識がなくても大丈夫

プログラミングの知識がなくても、カスタマイズできる箇所が多いです。

プレビュー画面を見ながら選択していくだけなので、初心者でもとても簡単です。

サイト型のトップページもできます

記事の装飾も自分好みのカラーに

マーカーやボタン、ふきだしなどのテキスト装飾のカラーを細かく決めることができます。

SWELLデフォルトの色味が落ち着いたカラーなので、変更せずに使っても美しい仕上がりになります。

「SWELL設定>エディター設定」から変更可能

③ユーザー想いのブログテーマ

SWELLはアップデートがマメにあり、常に進化をしています。ユーザーの使いやすさを第一に考えているからだと思います。SWELLはユーザーファーストなブログテーマです。

テーマの移行が簡単

他テーマからSWELLへの「乗り換えサポートプラグイン」が用意されています。

テーマ移行時のデザイン崩れを心配する必要がありません。

すべての記事の崩れを直すのは大変だから安心

自分のタイミングでリライトしていけるので、気軽に乗り換えできます。

2021年2月現在、乗り換えサポートプラグインが用意されているのは、以下の6つのテーマです。

  • Cocoon
  • AFFINGER5
  • JIN
  • SANGO
  • STORK
  • THE THOR

サポートがあるから初心者でも安心

SWELL利用者限定の会員サイトやSlackコミュニティがあります。

会員サイトでは、SWELLに関する悩みや相談、要望を伝えることができます。

開発者の了さんが回答してくれることもあります

相談できる場所があるのは、初心者には安心です。

JINからSWELLに移行して戸惑ったこと

SWELLの前は、JINを使ってブログを作成していました。JINからSWELLに移り変わり、戸惑ったことをお伝えします。

ボックス内でリストを表示する方法がわからなかった

JINでは、ボックス内でリストを表示させたいときは、リストを選択して、ボックス装飾を選ぶだけでした。

SWELLで同じことをしようとするも、リストを選択しただけでは、ボックスを選ぶことができません。

そんな時には、グループ化をします。

やり方は了さんのツイートをチェック

SWELLを使い始めてから「グループ化」を知りました

おわりに

SWELLの価格で迷っているなら、購入するべきです。

ストレスなく記事を書くことが実感できるので、きっと満足できるはず。

記事数が多くなるとリライトに時間をとられます。テーマを移行するなら、早めに購入をすることをおすすめします。

SWELLでブログを楽しもう/

+3

最後までご覧いただきありがとうございます!
「いいねボタン」を押していただけると励みになります。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる