しまじろう市販ワーク<ちえ>|こどもちゃれんじプラスとの比較

URLをコピーする
URLをコピーしました!

こどもちゃれんじ本講座のワークの量に少し物足りなさを感じませんか?

恐らくあっという間に終わってしまうご家庭が多いかと思います。

我が家も「もう少しボリュームが欲しいなぁ」と悩んでいたところです。

そんな時に、こどもちゃれんじぽけっと3月号の保護者向け冊子に、市販ワークの案内がありました。

こどもちゃれんじ市販ワークの案内
保護者向け冊子に載ってたワークの案内

タイミングの良いお知らせでした。

わたしの考えを読まれているのか…

さっそく書店で購入し、3歳の娘に体験してもらいました。

目次

こどもちゃれんじ市販のワークとは

市販のワーク<ちえ>の内容

こどもちゃれんじは通信教材ですが、市販ワークは書店販売されているワークです。

市販ワークは種類が多い

市販のワークには

  • はじめてのワーク
  • ひらがな
  • かず
  • ちえ
  • こうさく

の5つの種類があります。

さらに「ひらがな」「かず」「ちえ」は年齢ごとにわかれています。

市販のワークは種類が豊富で、お子さんの興味に合わせて、学びの意欲を伸ばせます。

こどもちゃれんじを受講するか迷っている場合は、一度購入して試してみるのもいいかもしれません。

今回購入した<ちえ①>とは

今回購入した<ちえ①>は、対象年齢が2〜3歳のワークです。

<ちえ①>の学習目的は「違いに気づく」「仲間に分ける」「形を見分ける」となっています。

楽天ブックス
¥770 (2021/03/03 20:27時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

収録されている主な内容は

  • 同じものさがし
  • 迷路
  • 系列
  • 絵あわせ
  • 図形
  • 仲間わけ

といった感じです。

市販のワークのボリューム

課題で使うシール

ページ数は69ページ。

課題は1ページずつ切り離せます。

クレヨンを使ったり、シールを貼ったり、のりでパーツを貼り付けながら、課題を進めていきます。

子どもがはさみを使う課題はありません。親がパーツを切り取って、子どもがのりで貼る課題はあります。

1日約30分間取り組んで、3日で終えました

市販のワークの難易度

2・3歳向けと記載がありますが、3歳を過ぎてからがちょうど良さそうな内容でした。

<ちえ①>のワークを取り組める目安として、「同じ」と「違う」に気づけるようになったら…と記載されていました。

子どもが悩んでいる時にどんな声かけをすればいいか、親に向けたアドバイスも載っています。

どんな風にヒントを出していいか、わかりやすい

ご褒美シール付き

ご褒美シール

課題ひとつにつき、ご褒美シールが貼れる仕組みになっています。

シールがあることで「もっとやりたい」とやる気につながりました

市販のワーク<ちえ>を体験してみた

市販のワーク<ちえ>を体験してみた

まずは、今回ワークを体験した我が子を紹介します。

  • 3歳3ヶ月の女の子
  • 生後9ヶ月から認定こども園に通園
  • こどもちゃれんじ受講中
  • シール大好き

ワークに取り組んだ様子をお伝えします。

同じものさがし

イラストの中から指定されたものを探す課題。

形や色、どんな特徴があるかを見極める力が試されます。

はじめに指さしで見つけ、その後にクレヨンでマルをつけていました。まだマルがふにゃふにゃです。

迷路

途中で分かれ道がある迷路の課題。

迷路の課題では「スタートからゴールまで線を引くこと」と「道からはみ出さずに線を引くこと」が学べます。

もっとぐちゃぐちゃになるかと思ったけど、意外としっかり線が引けてビックリ

系列

並び方の規則性を読み取って、次にくるものを考える課題。

上記のクマの順番を並べる課題では、茶色と白のクマのシールが用意されていました。

2種類のクマのシールから正しいほうをひとつ選んで貼るのですが、シール好きの娘はどちらも貼りたがり、課題のねらい通りに取り組めませんでした。

このくらいの年齢だと、存在するシールはすべて貼りたがるかも…貼らずに残すはできませんでした

絵あわせ・図形

影の形と同じパーツを選び、合う向きを決め、貼り付ける課題。

のりで貼り付けるタイプは、パーツは親が切り取ります。

パーツを回転させながら、合う向きを考えるので思考力が身につきそう

仲間わけ

共通点を見つけ出し、仲間ごとに分ける課題。

どんな仲間に分けられているのか考える力が身につきます。

種類で分ける課題は少し難易度が高め

市販ワークのデメリット

好きな課題だけやりたがる

迷路が好きな我が子は、迷路の課題ばかりやりたがりました。

同じ課題をまとめて取り組んだほうが理解が深まる反面、他の課題が疎かになりがち。

迷路もっとないの?

と言われてしまうと困ってしまいます。

テーマが混ざっている

市販のワークは「仲間わけ・系列・順序・図形」などが全て詰め込まれています。

ごちゃ混ぜ感があるので、ある程度理解していないと、お子さんは混乱しそうです。

さっきは仲間わけ…つぎは順番…今度は…?(ちょっと混乱)

こどもちゃれんじプラスと市販のワークの比較

少しずつレベルアップするなら「こどもちゃれんじプラス」

こどもちゃれんじには「こどもちゃれんじプラス」というサブ教材があります。

市販ワークのデメリットをカバーできる内容となっています。

本講座の物足りなさをカバーしてくれる

こどもちゃれんじプラスは、本講座の内容と連動しています。

毎月約32ページ(※こどもちゃれんじほっぷの場合)あるので、本講座のワークがすぐ終わってしまってもまだまだ学べます。

本講座だけじゃ物足りない場合はいいかも

プラスは本講座と連動している

本講座同様、こどもちゃれんじプラスも月ごとにテーマが決まっています。

市販のワークはテーマが混ざり合っていましたが、ひとつのテーマを集中して取り組めるので理解が深まります。

テーマが混ざり合うことがなく、少しずつステップアップしていける

プラスは会員価格だとおトク

こどもちゃれんじプラスの受講費は、こどもちゃれんじ会員の場合、会員価格でおトクになります。

通常1号あたり848円ですが、会員価格だと545円になります。1年間にすると6,540円です。(2021年度分一括払い)

市販のワークが770円なので、会員なら市販ワークより「こどもちゃれんじプラス」のほうがコスパがいいかも

\くわしくはこちら /

まとめ

今回は市販ワークの紹介こどもちゃれんじ本講座と市販ワークの比較をしてみました。

市販ワークの良さもありますが、こどもちゃれんじ会員の方やこれから受講を考えている方は「こどもちゃれんじプラス」を検討してみてはいかがでしょうか。

  • 入会金0円
  • 途中退会でも残額返金
0

最後までご覧いただきありがとうございます!
「いいねボタン」を押していただけると励みになります。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる