【画像あり】トロピカル〜ジュ!プリキュアおけいこドリルのレビュー!3歳児には難しい?

URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事は「トロピカル〜ジュ!プリキュアおけいこドリル」の体験レビューです。

普段は「こどもちゃれんじほっぷ」を受講している我が家。

特に「キッズワーク」がお気に入りのようで、

むすめ

キッズワークはまだ?
(※こどもちゃれんじのドリル)

とドリルが大好きな娘です。

「キッズワーク、キッズワーク」と連呼されるので、市販のワークを購入しました。

今回は「トロピカル〜ジュ!プリキュアおけいこドリル」を紹介します。

目次

「トロピカル〜ジュ!プリキュアおけいこドリル」とは?

トロピカル〜ジュ!プリキュアおけいこドリル」は講談社から発売されている知育ドリルです。

おけいこドリルの対象年齢

「トロピカル〜ジュ!プリキュアおけいこドリル」の対象年齢は、3歳・4歳・5歳と表記されています。

あやまる

後述してますが、3歳だと少し難しく感じる問題もあります。

おけいこドリルで身につくこと

「トロピカル〜ジュ!プリキュアおけいこドリル」では、以下のことが身につきます。

スクロールできます
色の理解色の名前や違いを認識する力
弁別力形や絵柄など、ものの違いを見分ける力
観察力対象を根気強く見て理解する力
運筆線を書いたり色を塗ったりして、思い通りに鉛筆を動かす力
洞察力先を見通し、推理する力
数の理解数を数えたり、比較する力
分類生き物などの種類を見分ける力
読解力お話の内容を理解する力
工作はさみとのりで「切る・貼る」を練習
並び方・順番法則を理解する力
時計時間の概念を理解する力

おけいこドリルはシール付き!

シールを貼る問題がいくつかあります。

あやまる

プリキュアのキャラクターのシールを使う問題だと、娘の食いつきはすごかったです(笑)

課題を終えるごとに「できたねシール」を貼る仕組みになっています。

できたねシールはプリキュアのキャラクター

中身を公開!ドリルのレビュー

まずは、今回ワークを体験した我が子を紹介します。

わたしが挑戦しました!
  • 3歳9ヶ月の女の子
  • 生後9ヶ月から認定こども園に通園
  • こどもちゃれんじ受講中
  • シール大好き

ひらがなは文字によって読める程度。

数は1〜10まで数えられ、全部でいくつがわかるくらいです。

プリキュアに関する問題は子供のやる気アップ!

プリキュアに関する問題がいくつかあります。

例えば、「どの子がどんなプリキュアに変身するかな?」というような問題です。

あやまる

プリキュアの知識を試される問題は得意げに答えていました。

「書く」「切る」の練習ができる

ドリルなので書くことがメインになります。

  • 線を正しくなぞったり
  • 迷路の線を枠からはみ出さないように書いたり

と、自分が思ったように鉛筆やクレヨンを動かし、きれいに書く練習ができます。

線をなぞる問題

迷路の問題

おけいこドリルのなかには、はさみやのりを使う問題もあります。

工作カードを切り取って貼り付けます

はさみを使う問題では

  • はさみを正しく使う
  • 切ったものを貼る場所を考える
  • 枠内にきれいに貼る

と多くのことを学ぶことができます。

3歳児には難しい問題もあり

対象年齢が3歳から5歳となっていますが、3歳児では難しく感じる問題もありました。

たとえば、時計の問題。

数をかぞえられても、時計の概念を理解するのは難しいです。

年中さん、年長さんでもやや難しく感じますよね。

あやまる

うちの子の場合、時計の仕組みを理解してというよりは、とりあえず数字をかぞえて、線を書いた感じです…

お話を聞いて答えを選ぶ問題もなかなか難易度が高め。

お話を聞くだけで満足してしまい、問題どころではありませんでした。

あやまる

とりあえず□に○を書きたかったみたいです…(笑)

「トロピカル〜ジュ!プリキュアおけいこドリル」にはシリーズがある

「トロピカル〜ジュ!プリキュアおけいこドリル」にはシリーズがあります。

ひらがなカタカナドリル

「ひらがな カタカナドリル」は、文字に特化したドリルです。

おけいこドリルと同様に、対象年齢は3歳・4歳・5歳。

ひらがな表・カタカナ表がついています!

算数脳で戦える子になる!ひらめきゲームドリル

「ひらめきゲームドリル」は算数脳、理系脳を育てるドリルです。

国語脳をきたえる!はじめてのクロスワードあそび

はじめてのクロスワードあそび」は、クロスワードパズルで言葉あそびを楽しみながら国語脳を鍛えるドリル。

言葉の力がある子は、学力が伸びると言われているので、年長さんくらいになったら取り組みたいですね。

まとめ

実感としては、しまじろうの「ちえ①」より難易度は高めでした。

次のプリキュアに変わった頃に、新たにドリルが発売されると思うので、また挑戦してみたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございます。

\ 押していただけると励みになります /

ブログランキング・にほんブログ村へ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる